一条工務店でタブレット貸出をしてもらった

一条レンタルタブレット先日、一条工務店の営業さんが一条の建物情報が入ったタブレット見て欲しいという連絡があり日時を決めて家まで持ってきてもらいました。

私は展示場を見たり、カタログを見たりして大体のことは把握はしていました。
なので正直、必要ないかなと思いつつも嫁が内容を確認し易いかなーと思ったもので借りることにしたんです。

そして折角なので届けたもらったタブレットを見ることにしました。
折角ってわざわざ届けてもらった営業担当の人には失礼かな(汗

その貸出タブレットの中身は色々な情報が詰まっていたのですが、耐震や高気密高断熱ランニングコストについてや、長い目でのメンテナンス費用について等の動画が分かりやすく説明でした。

その他にも一条工務店の素晴らしいところばかりをアピールした内容でした。
コレは当然か・・・(笑

それにしても実際に視覚、聴覚で訴える内容は紙媒体のカタログとは違いますね。
大体のことを把握はしていたものの、動画で改めてみると「へぇー」と思ってしまいました。

たぶん女性はカタログ冊子より、動画を使ったタブレットでの説明の方が建物の特徴などは把握し易い人が多いんじゃないかなとも思います。

他社でそのようなタブレット等を駆使して住宅紹介をしているのかどうかは分かりません。

少なくても福井の住宅メーカーの展示場を見てまわって、そのような話しは今のところ一条工務店だけですし。

他の住宅会社でそのようなサービス(?)やってないなら、やった方が良いのではないかと思いましたね。

内容もさることながら、顧客になり得る人に会いにいく口実にもなり、営業手法としては良い戦略だと思いますし。

貸し出す時も当然会えるし、返す時にも会えるわけですしね。
当然、「内容をご覧になりどうでしたか?」的な感じでサラッと話題作りもできますから(笑

って書くと売り込み視点のなんかいやらしい見方ですね(汗

とはいえ、興味ある人にとっては有益な情報源にはなることも間違いないわけです。

“情報を見て欲しい人”と“情報を求める人”のWin-Winの関係が出来るのでOKだと思います!

一条工務店がどんな基準でタブレットを貸し出すのかは分かりません。

見込み客となりそうな場合は貸し出すのか、無条件に名簿を取った人に対して貸し出しているのか・・・。

全ての人に貸し出しているのなら良いのですが、一条工務店の住宅に興味があり、もしもタブレットを貸してくれない営業マンがいたら「タブレット貸出があると聞いたのですが?」と言って借りると良いと思いますよ~。

でもこちらから言わないと貸してくれない営業マンとは付き合いたくないって気持ちになるかもしれませんが・・・。

本当に気に入って建てたいと思う住宅の場合、そん時は遠慮なくチェンジで!(笑
↑何かの機会で記事にしたいと思いますが意外と重要。

何はともあれ、私が一通り見た後は、嫁に渡して内容を見ておくように伝えておきました。
ちなみに、その後の感想は聞いていません!(笑

タブレット貸出は約一週間だったので、一週間後に担当営業マンが回収をしに自宅まで来てくれました。

その時に工場見学ツアーの話しにもなり、一度実際に見学に行くことにしました。

それ以前に工場見学ツアー(?)なるものに誘われていたのですが、仕事の関係上行けなかったんです。

他の地域はどうか知りませんが、福井の場合、月に一回、第四土曜日だったかな・・・希望参加者をバスツアーという形でで案内しているそうです。

その次のタイミングも用事があり参加できないとを伝えたんです。
そうしたら、スケジュールを合わせて個別に案内をしてくれるというので行ってみることにしたんです。

まだ若い営業マンですが本当に誠実で一生懸命さが伝わります。
とはいえ、流石にそれだけで家づくりを決めるわけにはいきませんけどね(汗

若くて経験の無い営業マンは少し頼りなく、豊富な経験を積んだ人の方が良いという考え、意見は沢山あると思います。

しかし、若い営業だからこそこちらを向いて誠実に一生懸命になってくれるという考え方もあると思います。

ベテランの域に達している営業マンさんには、無難な流し方や手の抜き方を熟知している人も居ますからね・・・(笑

ま、その辺は実際に話しをしながら見極めるしかないわけですけどね。

まだまだこれからの段階なのでこの先どうなるかはわかりませんが、とりあえず一条工務店では印象の良い営業さんで良かったなと感じています。

そう思えるからこそ工場見学ツアーも何気に楽しみです^^

工場見学ツアーをしたらまたどんな感じだったか記事にしたいと思っています!

今回も最後までご覧いただきありがとうございました <(_ _)>

スポンサーリンク

シェアする

フォローする