永和住宅1 はじめての打ち合わせ(プラン依頼)

福井新築永和住宅新築を考えている住宅で、永和住宅も気になる住宅の一つだったので、もう少し踏み込んだ話しをしてプランなどを一度考えてもらうことにしました。

永和住宅の営業マンも一条工務店と同じく若い営業さんです。
福井県の総合住宅展示場、“家の森展示場”を初めて見に行った時に出会った営業マンです。

その後も手書きのハガキを送ってくれたり、毎週週末にに訪問しに来ていました。
アポなしで来るもので殆ど会えなかったですが・・・それでも足を運び続け会えた時はニコニコと爽やかな笑顔での対応・・・(笑

「それが住宅営業マンの仕事じゃん!」って思う人も居るかもしれませんが、本当に家を建てつもりでいる時は意外と嬉しいものだということをこの時に気が付きました。

それにですよ・・・建てようと思う人からすれば情熱を持ってると感じられる人の方が良いに決まってますから。

本気で建てようと思わない間はぶっちゃけセールスされるのはウザいと思うかもしれませんけどね。

でも、逆に家を建てようと思う気持ちが大きいと、機械的にDMやチラシだけ送ってくる会社よりよっぽど良いと感じられると思いますよ。

永和住宅や一条工務店等以外にも少し気になる住宅会社もありましたが、ぶっちゃけたまにDMだけ送ってくる会社は別にもういいかなと思ってしまいます。

“どうせ建てない”と思われたか、“建てたければそちらから来てください”ってスタンスなのかはわかりませんが・・(笑

ま、これは住宅会社の方針というより、営業マン個人によっても差が出るのかもしれませんけどね。

“住宅という商品”以外に気にかけていきたい要素にも書きましたが、家づくりをする時に担当する営業マンの見極めってとても大切だと思います。

今回、永和住宅の場合は、住宅自体への興味に加え営業マンさんが割と気に入ったので具体的な話しを進めて行ってみようと思ってアクションしたわけです。

ちなみに・・・最終的な決定は費用・性能比較・理想とする家の形等々色んな要素があるのでいくら気に入った営業担当だからといってそれだけで決めることはあり得ません!

で、話しを元に戻すと、少し具体的な話しをしながら相談したいとこちらから電話をしました。

そして日時を決めて第一回目の打ち合わせをすることになりました。

場所は永和住宅の展示場なのかなーと思ってたんですが、事務所の方が資料なども揃っているとのことでそちらでする事にしました。

当日、永和住宅の事務所に嫁と一緒に行ったところ結構お客が入っていました。
展示場ではないので永和住宅の建物を初めて見に来た人というより、永和住宅を検討している人だと思います。

その日の来場客の名前が並んでいましたが18組ぐらい予定が入っていたような・・。
1日でそれだけの組数の客ってかなり凄いと思います。
永和住宅は福井県で一番新築の棟数が多い会社ですがそれがその瞬間に納得できました(笑

色んなブースで打ち合わせをしていましたが、私たちは個室みたいな部屋に案内されてそこで話しをすることにしました。

そしていよいよ話し合いのスタートです!

なんかドキドキ・・・・

とはなりませんでしたね(笑

住宅についての話しは仕事柄上、日常茶飯事にしているからかもしれませんけど。。。

さて、打ち合わせをする部屋に案内された後、まず最初に話しを円滑に進めるため、あらかじめ持ってきた土地の測量図を見せて建設予定地を伝えました。

そしてどのような計画を考えているのかを聞かれて、二世帯住宅を考えている事を伝えました。

こちらで二世帯住宅のいくつかのタイプについて触れていますが、私が考えているはこの内の完全分離型二世帯住宅だということも伝えました。

そして完全分離型二世帯住宅と言っても、上下で分けるパターンや、一回の左右で分けるパターン、その両方を取り入れたパターンなどいくつかのタイプに分類されます。

ただ少し難儀だなと思っていたのは一番の希望は完全に上下で世帯別けをするのではなく、左右で別けるタイプを希望していたことです。

とはいえ、これはどれくらいの大きさの空間が欲しいか、部屋数はどれくらいが欲しいのか、どの部屋をどの方角に配置するのか、等の結果で間取りも大きく変わるのでひとまず置いておくことにしました。

そして定番の家族構成の説明をした後、希望する空間、部屋などを聞かれて色々な話しを交えながら答えていきました。

その内容を営業さんは一生懸命メモを取っていました。
当たり前かもしれませんが・・・(笑

その話しを一通り希望を伝えたところで、メモを元に文字をイメージしやすいようにか、部屋1つ1つを○みたいな絵に置き部屋名を入れて確認していきました。

家の形はとりあえず全く無視した形でのイメージです。
大きな○にはLDK、その横に小さな○で家事室といった具合です。
それを1階と2階に分けての作業です。

先ほど少し触れましたが、希望は完全分離型の二世帯住宅です。
そしてその完全分離型二世帯住宅でも、“家の階層で別ける”のではく“左右分離”するのが希望です。

しかし・・・実際に紙に書いた1階部分に玄関を二つ、浴室・トイレを二つ、LDKを2つに親世帯の寝室、客間の和室などを書くと1階の床面積が大きくなりすぎる・・・。
1階に対して2階が小さ過ぎ・・・(>_<)

小さいといっても主寝室や洋間を何個か作りたいので、そこそこの大きさではあります。

見た目だけで言えば、1階が大きく平屋部分に大きな屋根をかける方がカッコいいとは思います。

ですが、現実的には土地の広さを配慮しなくてはいけません。
その希望を敷地に建てることはおそらく可能だとは思います。
ですが、庭や車5台分の駐車場も確保したいと思ってたのでそれを考えるとちょっとキツイかなと(>_<)
※もちろんその建物まわりの希望内容も伝えてあります。

何はともあれ。一度プランを提案してもらうことになりました。
が、おそらく完全な左右分離は無理で部屋の一部を上下分離って形になるんじゃないかなーって勝手に思っています。

プランを考えてもらうにあたり、実際に敷地調査をしてもらうことにしました。

土地の測量図で土地の大きさはわかるんですが、ちゃんとしたプランを考えてもらうには、土地の大きさだけではなく、隣近所の建物で日当たりも変わりますし、窓なんかも出来るだけ重ならないようにしたいですしね。

こうして永和住宅での最初の家づくりの打ち合わせ(相談?)は3時間ぐらいかかりましたが、とりあえずは一歩前進です ^ ^

どんなプランを考えてくれるのか今から楽しみです!

ただ、同時に金額もどうなるのか不安だったり・・(汗

また、同時に他社とも話しをしているのでそちらも気にしていかなくては・・・。

新築を検討するにあたり、最初から一社に絞り込むのも悪くはないのかもしれません。
しかし、個人的には気になる住宅会社だったら複数と話しをしながらじっくりと考える方が良いと思っています。

ただ、最終的には1社に絞らなくてはいけないので断る会社で関わってくれた営業さんに悪いって気持ちもありますけどね(>_<)

それでも一生に一度の家づくりで情だけで流されるわけにも後悔する訳にはいかないです。
その当たりは多少割り切っていかなくてはと思っています。

ということで、今回も最後まで“家づくりブログ/新築で失敗せずに快適生活!” をご覧いただきありがとうございました ^ ^

スポンサーリンク

シェアする

フォローする