永和住宅で新築することに決定!

福井で新築期間限定での転勤により新築の計画に少し時間が空いてしまったのはこちらで書いた通りです。

その間、全く何もしてなかったわけでもないんですけどね。

転勤地に異動する前にどこの会社で新築をするかは決めておこうと考えていました。

それを決めてすぐに異動したので忙しなかったこともありその経緯もブログにアップできなんかったんですけどね。

って、またブログ更新がしばらく止まった言い訳!?(笑

でも本当に異動先では鬼のような忙しさで・・・。

ってこんな話しはどーでもいいですよね(;・∀・)

で、話しを戻してどこで新築をすることにしたかというと・・・
結果から先に言えば新築は“永和住宅”で建てることにしました。

こちらの記事で永和住宅について少し触れましたが、福井県では有名な住宅会社で信頼もできます。

福井の総合展示場“住まいの展示場 家の森”に行き色々な会社の展示場を見てまわりました。

そして総合的に“永和住宅”か“一条工務店”のどちらかで建てようかなと思って色々と話しをしていました。

そして最終的に“永和住宅”に決めたわけです。

もちろん、どちらの住宅にも一長一短はあります。
というか、何もこの2社に限らずどの会社の住宅でも一長一短はあるんですけどね。

金が無限大にあれば短所を極限まで無くすことはできると思いますが(笑

今回、家づくりをするのに永和住宅と一条工務店に絞り込み、そこで最終的に一条工務店ではなく永和住宅に決めたの理由は色々とありますがその内のひとつに・・・・

これはあくまで私が感じたことですが、会社としての家づくりに対するスタンスの違いが大きな理由です。

どんな会社にも色々なルールや方針、システムがあります。

それはそれで構わないし、あって当然だと思います。

その上で安定した品質を確保できたりコストを下げて商品を提供できたりすることに繋がっているのかもしれませんしね。

それと同様に建てる側にも色々な考え方や価値観があります。
よく言われることですが、住宅は一生に一度の買い物です。

最近流行り?のローコスト住宅なら話しは別かも?
あ、誤解しないでくださいね。
ローコスト住宅が悪いって意味ではありませんよ。

ローコスト住宅は私が考えている住宅の趣旨が根本的に違うことと、目指している部分が違うだけなので。

話しを少し戻すと今回、家を建てるにあたり一条工務店という会社と私の考え方、価値観がマッチングしなかったというのが永和住宅に決めた大きな理由です。

それについては別の記事でもう少し具体的に書きたいと思っています。

ただ、それだけが理由で永和住宅に決めたわけでもないんですけどね。
“家という商品”を無視して住宅会社を決めれるわけないですから(笑

当然の如く永和住宅とは時間をかけて何回も話しをしていく中で、これならって納得できたから決めたんです!
そんな話しをした内容なども記事として公開していきたいと思っています。

とにかく、今回我が家を建てるのは永和住宅に決定!

そしてこれから建てる家の中身を詰めていく話し合いを色々として行かなくちゃ!

コレって意外とパワーを使うんですよね。

仕事として今まで建ててきたお施主さんが、家を建てるのがこんなに大変とは思わなかったという言葉をよく聞いてきましたがまさにその通りだと思います(笑

でも、それだけ一生懸命ってことの裏返しでもあるんですけどね。
竣工の時に建てて良かったと心底思えるように頑張りたいと思います(^^)/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする