はじめて住宅総合展示場に行くときには!?

福井住宅展示場先日、休みの時に住宅総合展示場に行ってきました。
目的はもちろん住宅の情報収集です!

福井には“住まいの展示場 家の森”と“福井ハウジングパーク”というそれぞれ違った特性の2つの住宅総合展示場があります。

“家の森”の方はどちらかというと地元をメインに展開している住宅会社が多いです。
(一部そうでない会社もありますが)

そして“福井ハウジングパーク”の方は全国展開をしているハウスメーカーと呼ばれる住宅会社がメインとなっています。

その内、まずは“家の森”の展示場に行ってきました。
そこで実際に建っている色々な建物を実際に一通り見てみたかったですし。

ま、見るといっても私の場合、部屋の雰囲気とか色使いではなくどちらかといえば、建物の構造であったり工法がメインです。

嫁は視覚的な部分であったり、動線を含めた使い勝手重視で見て回ってましたけどね。

視覚的な部分は当然大切なことなんですけど、ぶっちゃけそんなことは後で考えればどうにでもなると思ってます。
コレをあからさまに言ってしまうと嫁が文句言いそうなので黙ってましたが(笑

実際はどうにでもと言っても、工法によっては要らない所に壁が出来たり、柱や梁が出て来る可能性はあります。
ただ、それも間取りも何も考えてない時点ではなんとも言えません。
実際に間取りを決めて構造計算などによって決まる部分もあるでしょうし。

何はともあれ、色々な視点から家を建てるならどこの会社で建てようかということを総合的に考えなくてはいけません!
その為には展示場に行く前に簡単に下調べをしておくといいですよ。
なんとなくでも良いから知識として知ってるだけで実際の建物を見るとソレが理解し易いです。
今はネットで誰でも簡単に情報収集はできますので簡単な下調べはお勧めです ^ ^

また、下調べをすることで、興味のある住宅会社とそうでない住宅会社はなんとなくでも意識することができると思いますし。

とはいえ、やはり実際に建物を見て、そして営業マンと触れ合うことは大切だとは思います。
だから総合展示場に行くわけです。

行ったら行ったで住宅展示場の色々な会社の建物を見て回ると当然ながら営業マンは良いことしか言わないですよね!?
黙って説明を聞いていると良いことだけを頭に刷り込まれるので注意です(笑

その良いことにも必ずメリットだけでなくデメリットも存在しているハズなんです。
そんな事も正直に話してくれる営業マンかどうか・・・

ってか、最初からそんなことまで考えながら展示場に行く人は少ないかな(汗
最初は良い点だけでも記憶に残るだけでも良いのかも知れませんね。
そこから色々と情報を掘り下げたり分析したりすればいいだけですし!

そんな意味では最初は総合展示場を見て回って楽しむって感覚でも良いのかもですね。

私の場合は実際に展示場に行ったのが午後からだったので、建っている展示場の半分くらいで夕方になってしまいました。
営業マンと話しをしたりしてるとすぐに時間が経っちゃいます。

ちなみに最初に営業マンと話す時は“住宅を建てたい!”というオーラは出さない方が良いです。
ましてや「予算はこれぐらいを考えてます」なんて手の内を明かすのは論外です!
そんな事を言ってしまうと、仮に見積もりに発展したとしたらその予算いっぱいの見積もりが出てくることになりますから(笑

というより、建物を知るという調査の段階で具体的な内容を伝える必要もありません。
それでも営業マンが丁寧な対応をしてくれるかどうかは気にしています。

家を建てるということは、営業マンとの長い付き合いになるので人を見る目も大切だと思っているからです。

と色々と書いたんですけど・・・展示場を見て回った感想を言うと・・・・

なんか・・・疲れた!

の一言です(笑

ちなみに、実際に家づくりの計画が具体化していくにつれ、また実際に工事が始まって進むにつれてまだまだパワーが必要になってきます。

それで疲れ切った人を沢山見てきましたので。
でも、だからこそ完成の時は楽しみや喜びは大きいのかもしれませんね ^ ^

ただしソレにも条件があります。
その条件は“思った通りの家が建てば”・・・の話しです。
これが無ければ逆に“後悔した”って悲惨なことになると思います(汗

ん~・・・なんか本当にダラダラとまとまりの無い内容になってきている。。。
なのでまた別の記事でもっと具体的な内容などを書いていきたいと思います!

ということで・・・今回はこの辺で。
最後まで読んでいただきありがとうございました^^

スポンサーリンク

シェアする

フォローする